• トップ /
  • インプラントの矯正の注意点

インプラント矯正はリスクも多い

インプラントの矯正は、治療期間が短くなるメリットがあります。また、矯正歯科の治療は抜かない治療の幅が広がり、外科手術適応の場合でも手術なしでの治療ができることもあります。しかし矯正に関しては注意点があり、症状によってインプラントの場合、取り外しの装置を使用しなければなりません。埋入する必要があるのも注意点で、危険性が示唆されています。埋入部位は太い血管や神経がない部分に埋め込むので危険性は低いのですが、周囲に炎症を起こす恐れがあります。インプラントの矯正の際、埋入部位の衛生管理を怠ると炎症を起こす場合があるので注意が必要です。埋入部位が不衛生になると炎症を起こすリスクがあるので、日頃から衛生管理には十分に気をつけないといけません。埋入の失敗によるインプラント矯正のリスクもあり、選択する種類によっては脱落する可能性があります。注意していても、骨の厚みや密度の違いで脱落しやすいです。一生涯使用することを前提としていないので、脱落した場合は再度埋入する必要が出てきます。インプラントの注意点で最大のリスクは再埋入の可能性があるところで、この辺は念頭に置いておくべきでしょう。骨に埋め込むことになるので、植立部位の腫れや痛み、内出血や感染症、合併症のリスクが懸念されます。

↑PAGE TOP