• トップ /
  • インプラント治療について

歯周病で失った歯にインプラント

歯を支えるあごの骨が細菌によって破壊されていく病気・それが歯周病です。軽度の歯周病なら治療で治りますが、進行すると歯を失うことになってしまいます。抜歯後にインプラント矯正で人工の歯を入れることは可能です。とはいえ、歯周病に冒されたままだと手術の際に感染の危険がありますし、たとえ治療ができても後から抜け落ちてしまうことも考えられるので、まずは歯周病治療を完了させましょう。インプラント治療とはあごの骨にチタンでできた人工歯根を埋め込む矯正手術です。あごの骨が減ってしまっていてインプラントを埋め込むスペースが足りない場合には、事前に骨を増やす手術を行なってから埋め込む、あるいは埋め込むと同時に骨を増やす手術を行なうという流れになります。他から骨を持ってきて移植したり、先端の幅が痩せてしまっている部分を二分割して骨の幅を広げたり、人工の骨を移植することで骨は増やすことができます。歯周病で失った歯をインプラントにより矯正することは可能です。ただ、このように大掛かりな手術になるので、外科手術の回数も増えますし、費用もかかります。現代人の多くが状態はさまざまですが持っている病気です。重度に進行しないよう日々のケアと検査が必要です。

↑PAGE TOP